セミナー情報Seminar info

HOMEセミナー情報外貨建取引・デリバティブ等に関する会計基準の研修会(2019.10.7開催済み)
セミナー講師
布施 伸章Nobuaki Fuse
えひめ有限責任監査法人 顧問

合同会社会計・監査リサーチセンター(東京都渋谷区) 代表社員
日本公認会計士協会主任研究員
元 有限責任監査法人トーマツ パートナー(2015年まで)
日本公認会計士協会の委員会委員長・理事、企業会計基準委員会の専門委員も歴任
著書『詳解 組織再編会計Q&A』、『自己株式・法定準備金の制度・会計・税務』(中央経済社)
共著『外貨実務指針の完全解説』(財経詳報社)

外貨建取引・デリバティブ等に関する会計基準の研修会(2019.10.7開催済み)
日 時
2019/10/7(月) 13:30 ~ 17:30(開場:13:00)
場 所
今治国際ホテル 2Fダイヤモンド
今治市旭町2-3-4 [MAP]
参加費
無料
交通費・駐車場料金は各自ご負担をお願い致します。
定 員
70名
対 象
当監査法人の関与先、その他の海事関連企業、税理士・税理士法人(今治市)、金融機関

今治市には海事産業(海運業・造船業・船用工業)が集積し、外貨建取引が日常的に行われていますが、これまで外貨建取引に関する会計基準の研修会は開催されてこなかったように思います。会計基準と法人税法の取り扱いには一部差異があるため、その内容について理解することが重要です。

また、通貨オプション・通貨スワップ・金利スワップ等のデリバティブ取引も活発に行われていますが、その会計処理にあたって頭を悩まされている企業・会計事務所も多いと思われます。デリバティブ取引やヘッジ会計については、法人税法が会計基準に準拠しているため、税務調査で問題にならないようにするには会計基準の理解が必須となります。特定外国子会社の所得計算においても同様です。

本研修会では、大手監査法人で総合商社等の国際企業の監査に従事し、また日本公認会計士協会等において会計基準の開発に携わってきた公認会計士 布施伸章氏を講師に招き、外貨建取引・外貨デリバティブ等に関する会計基準について解説するほか、法人税法の取扱いについても解説いたします。

申込方法・申込期日

申込フォームより、2019年9月20日(金)までにお申し込み下さい。
※但し、申込先着順で定員になり次第締め切りとしいたします。

参加申込フォームApplication form

 

セミナーへの参加は、
以下のフォームよりお申し込みください。

お電話でのお申込み089-935-7670

以下の内容でお間違えなければ、「お申込み」ボタンを押してください。

お電話でのお申込み089-935-7670

必須お名前
必須フリガナ
任意会社名
任意会社名フリガナ

任意住 所


必須電話番号
必須e-mail
必須お問い合わせ項目
任意お問い合わせ内容
必須
セミナー一覧へ戻る
監査業務は、地元独自の経済理解が深く、
豊富な実務経験を持った四国最大規模の
会計士集団
えひめ有限責任監査法人に
お任せください。
クライアントの経営に密着した監査で信頼に応え、高品質なサービスをご提供して参ります。

Tel089-935-7670

Fax089-945-2819

平日 9:00 ~ 17:00 対応
お問い合わせ
pagetop